最期の瞬間に 「いい人生だった」 と思うこと

バブル以降、正解がわからない時代を迎えました。
人口が減少に向かい、生き残りをかける組織が増えてきました。
ロボットの出現により、誰でもできるシゴトがなくなり始めました。

そして、インターネットの普及により圧倒的なスピードで変化しています。
今までにないスピードで変化していく社会では、ライフサイクルが非常に速いため、
絶えずイノベーションを求められています。

そのため、次に何が起きるのか想像することが難しい状況になっています。

このような時代では、
情報が氾濫し、ますます何を信じていいのかわからなくなっていきます。

だからこそ、外にある「何か」を信じることではなく、
私たちの中にある「何か」を信じて動くことが何より重要です。

そのためには、明確なものを描くことよりも
「今」ある価値観を元に「ここ」から進んでいくことが何よりも大事になっていきます。

今、ここから生まれる感覚・言葉を元に始めていく。
「最も大切なことを、最も大切にする」その選択が何より重要になっていくと実感しています。

一人ひとりが自分らしくいきていくために
株式会社たいせつは、「大切なことを大切にする」生き方をこれからも応援していきます。